証券会社の様々なサービスを上手に利用することが投資にとって重要

証券会社に口座開設すれば、初心者でもすぐに投資の開始ができます。 現在では、ネット上から取引のすべてが行えるネット証券も複数存在し、投資に対するハードルは低くなっています。 投資利益が年間で20万円以上になった場合には確定申告が必要です。 源泉徴収なしの場合は、自分自身で確定申告を行います。 証券会社で「特定口座」を作れば、年間取引報告書が提供されるため、申告書類を作る際に便利です。 「一般口座」の場合は、年間取引報告書は作成されないため、自分自身で損益計算をしなければならず、確定申告の際に手間が必要になります。 現在の証券会社は、国内株、海外株、投資信託、債券、FXなど、非常に豊富な商品を取り揃えているのが一般的です。 ユーザーにとって選択肢が広いため、様々な商品の中から選べる点はメリットです。 一方で、数の多さからどのような金融商品を選ぶべきか迷う場合もあります。 この中では、幅広い投資銘柄が一体になった投資信託は、初心者にとっても手を出しやすい投資商品の一つです。 日本政府が発行する「国債」は、最も安全性の高い投資商品です。 特に投資の初心者は、投資自体に慣れておらず、リスク対策も十分に理解していないことが通常です。 そのため手間がかからず、安全性もできるだけ高いものを選ぶことが適切です。 最初から多くの投資資金を投入するのではなく、少ない資金で様子を見ながら運用し、自信がつけば資金を少しずつ増やしていくことが無理のない方法です。 その場合も、必ず余裕資金で行うことが重要です。 現在の証券会社では、積立投信と呼ばれる積立方式の投資サービスも提供しています。 これは月々に一定額の投資を続ける方法で、毎月の指定した日に、指定した金額の投資信託を購入します。 積立金額は、証券会社が指定した枠内において、自分で自由に決めることができます。 積立は少ない金額で行うことが可能であり、無理なく投資を始めるには最適です。 最初に設定を完了すれば、後は手間がかからず、自動で毎月積立を繰り返すことになります。 特に投資信託は長期保有で少しずつ増やしていくことに向いている投資商品であるため、積立方式と相性は合っています。 また、通常の証券口座の場合は、年間の利益が一定額以上になると税金がかかってきます。 しかしNISAと呼ばれる口座では、一定の投資金額の範囲内で購入した投資商品から得た利益については、5年間非課税になります。 NISAは、個人投資家が投資しやすいように税制優遇制度を設けたものです。 投資で利益が大きくなっていけば、 NISAを利用するメリットも出てくるため、投資運用の方法として利用すると便利です。 NISAについては、他の口座と損益通算ができないデメリットもあるため、制度上の特徴をよく理解して利用することが大切です。

投稿日: