仮想通貨を入手するためのマイニング。その難易度、具体的な方法は?

マイニングは、仮想通貨を入手するため手段です。
一番シンプルな手段は取引所での購入ですが、マイニングですと購入せずに仮想通貨を手に入れることができます。
では、その具体的な方法はどのようなものなのでしょうか。
今回は、マイニングの概要と具体的な方法についてまとめていきます。

1.マイニングの概要
マイニングとは、新しいブロックを、ブロックチェーンに繋ぐ作業です。
インプット(入金)とアウトプット(出金)を記録したトランザクションを集めたものがブロックです。
これらの情報はすぐに他の人へ通知されます。ただ、ブロックチェーンに繋ぐまでは未承認の状態です。
それを最初にブロックチェーンに繋ぐ作業がマイニングです。
その報酬として仮想通貨を入手することができます。
ただしその難易度はなかなかのもの。
マイニングは、英語で「採掘」を意味します。鉱山から宝を探し当てる困難なことからこの名称で呼ばれています。

2.マイニングの流れ
マイニングには、「ハッシュ関数」という関数を用います。
ハッシュ最大の特徴は、あるデータを一方向にしか演算できないということ。
ハッシュ化済みのデータを元データに戻すことはほぼ不可能と言われています。
データの改ざんを検知するなどセキュリティレベルを保つことに有用です。
マイナー(採掘者)は、ブロック内のナンスを変更することでこのハッシュ値を切り替えます。
マイニングが成功するためのナンスを探索し、ブロックヘッダー部分のハッシュ値が採掘難易度より低いという条件を満たすとマイニング成功となります。採掘難易度の値が低いほど採掘は難しくなります。

3.マイニングのやり方
マイニングの方法には、 3 種類があります。

1つ目はソロマイニング。一人でマイニングを行う方法です。
ブロックを引き当てると収入を独占できます。手数料を払う必要もないため、コストメリットがあります。

2つ目はマイニングを行う団体に出資し、マイニングを代行してもらうクラウドマイニング。
簡単に出資できること、電気代を安く抑えるられる手軽さがメリットです。
一方で4年に一度の半減期には注意が必要です。

3つ目はグループでマイニングを行うプールマイニング。マイニングを行う集団・マイニングプールが名称の由来です。
グループでマイニングを行う安定感がメリットです。

4.半減期に注意
マイニングには、約4年に一度ほどのサイクルで報酬が半分になる半減期があります。
仮想通貨の新規発行量を減らすことで、インフレを回避しています。
特に先述のクラウドマイニングは出資の元手が掛かっているため、損失のリスクがあります。

いかがでしたか?
その名の通り鉱山を掘り当てるような難易度のマイニングですが、
マイニングは、仮想通貨の取引を承認するという重要な役割を果たします。
儲けが出なくても、仮想通貨のセキュリティレベルの向上にも繋がります。
もし興味があれば、一度は検討してみてもよいのではないでしょうか?